Valveは,Steamで配信されるタイトルの規制を基本的に撤廃し,すべてのジャンルのゲームの配信を可能にするという方針を明らかにした。

リンク:Who Gets To Be On The Steam Store?

 これは,ValveのErik Johnson氏がSteamコミュニティに掲載した「Who Gets To Be On The Steam Store?」(誰がSteamにやってくるのか?)と題された記事によるもの。Steamはこれまで,アダルトコンテンツが含まれたタイトルや,銃乱射事件を思わせるゲームをSteamから削除してきたが,その一方で,判断基準が曖昧で強引であるという批判もしばしば受けてきた。
 Valve側も,デベロッパにいったん削除を通告したあとで前言を撤回するなど,混乱を見せることがあった。

 Erik氏は,個人の価値観は多様であり,また国によっても法律は異なる。そのため,そのタイトルがSteamにふさわしいかどうかをコントロールするのは困難であるとし,最終的な解決策として,すべてのゲームを容認することを決断したと述べている。Steamはあくまで配信システムで,開発者が作りたい作品を制限することはできず,購入についても購入者の意思を尊重するというわけだ。

 ただし,違法,または荒しについては例外としており,またペアレンタルコントロールやフィルタリングを徹底することで,見たくないものをSteamで見ることがないようにするという。さらにハラスメントに対処するツールやオプションを強化して,特定の使用者が不快になるようなコンテンツを遠ざけ,開発者に詳細なゲーム情報を提示するように求めることで,Steamの無法化を防ぐ方針だ。
 この方針が適応される時期については書かれていないが,必要なツールが揃い次第,実施されるという。

 この発表についてコミュニティの反応は賛否両論だが,多くのメディアは,「責任回避だ」として批判的であるようだ。果たしてValveの今回の方針変更は,どういう結果をもたらすのだろうか。

―――――――――――――――――――――――――――――
記事URL:https://www.4gamer.net/games/038/G003821/20180607070/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル:
・PC Steam

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)2015 Valve Corporation.All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

Valveはすべてを許容する! Steamでの規制を原則撤廃し,すべてのジャンルのゲーム配信が可能に