お笑いタレントの渡辺直美さんが6月13日にInstagramを更新。タレントでニューヨーク在住の里田まいさんとのプライベートショットを公開していますが、その全てがトランポリンで跳ねながら撮影したかのようなブレッブレの仕上がりになるという珍事が発生しています。1枚くらい成功させて!

【画像】さらにひどいことに(2枚)

 仕事でニューヨークを訪れていた渡辺さんは、友人の里田さん、デジタルPRコンサルタントの稲木ジョージさんと夕食をともにしたことを報告。ステキな思い出になるはずだった写真は、里田さんが「いいカメラ持ってきたからそれで撮りたい!!!」とわざわざ持参したマイカメラで撮影したものだそうですが、もはや誰が写っているのかも分からないほどブレ散らかしており、まさかの仕上がりに渡辺さんも「使いこなせてない感半端ない」と泣き笑いなコメントを残していました。里田さんの天然が爆発してる!

 もちろんわざとブレさせたわけではなく、「後半ブレないように息さえもとめてる」と懸命の努力も全く実らなかったもよう。インスタ映えとは対極にあるような“インスタの女王”らしからぬ投稿のようにも思えますが、「#逆に映え」と力技のハッシュタグを添えることでこの珍事をうまく着地させていました。逆にいい思い出になったかも。

 ファンからは、「全部きっちりぶれてる」「ブレが凄すぎて逆におもろい」「本当に全く使いこなせてないですね!」「逆に映えですね本当に」など笑うしかないブレっぷりにツッコミが続々。カメラを持参した里田さんには、「里田まいちゃんらしくて最高」「まいちゃんの天然さ変わってなくてよかった」「まいちゃんさすが」など変わることのない天然具合に安心感すら覚えた人も多いようでした。

どうしてこうなった!(画像は渡辺直美Instagramから)