カブスの内野手が相手の走者を挟むも…ベースをがら空きにして一つもアウトを奪えず

 メジャーリーガーも時にはこんなこともやらかす――。米大リーグで、まるで“リトルリーグな”ボーンヘッドが話題だ。12日(日本時間13日)のカブス-ブルワーズ戦で起きた珍場面をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」のツイッターが速報。ファンを呆れさせている。

 超人たちも時に失敗する。カブスの内野陣が混乱状態に陥ってしまった。ブルワーズが2-0とリードして迎えた3回無死二塁の場面だった。ケーンが放った打球は二塁正面への強いゴロ。カブスの好守の二塁手・バエスがなんなく捕球。ここまでは良かった。

 バエスは三進を狙って飛び出していた二塁走者イエリッチをアウトにしようと、三塁へ送球。二、三塁間で挟み込む形となった。カブス内野陣とイエリッチの追いかけっこがスタート。しかし、俊足のイエリッチになかなかタッチができない。

 そうこうするうちにカブスの内野陣4人が全員二塁に集まってしまった。ここで頭脳的だったのが、ブルワーズの走者の2人だ。打者走者のケーンは二塁近くまで来ていたが、イエリッチの“粘り”と相手の守備位置を見て、ベースまでは到達していなかったのだ。勘違いしたカブスの守備陣はすでに二塁に帰塁したイエリッチにタッチしたが、判定はセーフ。打者走者のケーンを刺そうにも、今度は一塁ベースが空っぽ。挟むこともできず、一つのアウトも取れなかった。

好走塁か凡ミスか、ファンからは「リトルリーグだ」など呆れる声も

 記録は二塁手バエスの野選。無死一、二塁とピンチが拡大し、がっくり肩を落とすのは二塁付近に集まったカブス内野陣。一方でブルワーズベンチは大喜びだ。

「ブルワーズの注意を促す走塁か、カブスのど忘れか? 判定せよ」

「Cut4」はこう記し、ブルワーズの好走塁なのか、カブスのボーンヘッドなのかをファンに問いかけ。コメント欄は「どっちもかな?」「イエリッチのファンタスティックな走塁」「投げるにも誰もいないだって? ちくしょう」「ブルワーズによる博士号もののプレー」「リトルリーグだ」などと盛り上がっている。

 次打者のショーに2点二塁打を浴びて、この回で0-4に。結局このままカブスは敗戦。ミスは誰にも起きることではあるが、練習不足、連携不足と言われても仕方ないワンシーンになった。(THE ANSWER編集部)

ブルワーズのロレンゾ・ケイン【写真:Getty Images】