アーセナルがウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの獲得に関して、同選手の所属するサンプドリアと合意に達したようだ。イギリスメディア「BBC」が12日に報じた。

 報道によると、トレイラは中盤の強化を目指しているアーセナルにとって理想的な選手であるという。また、この移籍のためにアーセナルはサンプドリアへ2600万ユーロ(約34億円)の移籍金を支払うことになる。なおウルグアイ代表として2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場するトレイラは現在ロシアにいるため、移籍の決定は大会終了後となるようだ。

 現在22歳のトレイラは今シーズンのセリエAで36試合に出場し、4ゴールを記録した。

サンプドリアに所属するルーカス・トレイラ [写真]=Getty Images