スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、子会社のスターティアレイズ株式会社(本社:東京新宿区、代表:古川征且)において、政府が提唱している「テレワーク・デイズ」の実施・応援団体企業として、自社サービスのファイル共有サービス「セキュアSAMBA Pro」を、テレワーク・デイズ参加・検討予定の企業向けに2018年7月31日(火)まで無料で提供することをお知らせいたします。

 スターティアレイズは、国内労働力減少を社会課題と捉え、「働き方改革」として労働生産性の向上やダイバーシティの対応として、クラウドストレージ及びRPAを中心にサービス展開しており、テレワーク・デイズの実施・応援団体企業へ加盟しております。今回の取り組みは、テレワークを検討している企業や関心がある企業のテレワークの実現にむけた支援になることを目的としており、提供する「セキュアSAMBA Pro」には、ファイルはクラウド上で管理し、自宅のPCへデータを一切残さない(ダウンロードできない)仕組みが備わっているため、より安全な環境で在宅勤務を実現することができます。
応援概要▼https://teleworkdays.jp/search/support/detail/?id=62

■テレワーク・デイズとは
 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府は、東京都及び関係団体と連携し、2020年東京オリンピックの開会式にあたる、2020年7月24日(火)を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開しています。2018年は7月23日(月)~7月27日(金)の期間を「テレワーク・デイズ」として、7月24日(火)とその他の日の計2日間以上のテレワーク実施を呼びかけております。

■セキュアSAMBA Proとは
 セキュアSAMBA Proは、ファイルを中央収集管理(CDM:centralized document management system)するファイル共有サービスです。アプリケーションソフトをホワイトリストとして管理し、許可されたアプリケーションのみがクラウドファイルサーバに保存できる仕組みになっている他、ローカルPCへのファイル保存・編集を禁止するため、ランサムウェアの遮断が可能となります。また、USBや外付けハー ドへの保存遮断、印刷や画面キャプチャーのコピー制御など情報漏えい防止機能を持つため、外出先・取引先はもちろんのこと、テレワークを推奨する層に対し、より高セキュリティの環境下で簡単にファイル共有・ファイル転送を実現いたします。
セキュアSAMBA Pro▼https://securesamba.com/sambapro/

■スターティアレイズ株式会社について
 スターティアレイズは国内労働力減少を社会課題と捉え、「働き方改革」として労働生産性の向上やダイバーシティの対応として、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」及びRPA関連事業を中心に展開しております。新たに取り組む領域では、PC作業の自動化支援をはじめ、人口知能を使ったファイル自動識別での検索サポートなど、労働者の作業効率を向上させるサービスを他事業者とのアライアンスを駆使して、新しい価値のITツールを市場に先駆けて展開して参ります。

・設立年月: 2017年11月
・資本金: 90百万円
・代表者: 古川征且
・所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1
・事業内容: クラウドストレージ・RPA関連事業
ホームページ▼https://www.startiaraise.co.jp/
■会社概要
・会社名: スターティアホールディングス株式会社
・所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
・代表者: 本郷秀之
・上場取引所: 東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:3393)
・事業内容: グループ会社の経営管理等
ホームページ▼https://www.startiaholdings.com/

配信元企業:スターティアホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ