上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャンの成長を綴った絵本『だいすき シャンシャン』(KADOKAWA)と『おでかけミニえほん とことこ シャンシャン』(KADOKAWA)が、12日に同時発売された。

【写真】絵本『おでかけミニえほん とことこ シャンシャン』(KADOKAWA)

 同日に1歳の誕生日を迎えたシャンシャン。発売された『だいすき シャンシャン』には、生まれたばかりのシャンシャンの実寸大写真が掲載されており、この1年の成長を実感することができる。ほか、おかあさんパンダ・シンシンとのあたたかなふれあいや、元気に遊ぶ愛くるしいシャンシャンの姿もたっぷり掲載。シャンシャンについて学べる知識ページもあるという。

 合わせて発売された『おでかけミニえほん とことこ シャンシャン』では、シャンシャンの愛くるしいしぐさを、たっぷりの写真で楽むことができる。繰り返しの展開が心地よく、あかちゃんへの読み聞かせにもぴったり。持ち運びに便利なミニサイズで、小さい子どもにも安心な角の丸いボードブック型になっている。

 また、シャンシャンが生まれてから1年間の成長を追った、『パンダのシャンシャン日記 どうぶつの飼育員さんになりたい!』(角川つばさ文庫)も8月15日に発売される。
絵本『だいすき シャンシャン』(KADOKAWA)