『交響詩篇エウレカセブン』や『マクロスシリーズ』などでファンから熱烈な支持を受けるデザイナーの宮武一貴が、東京都渋谷にある「東京カルチャーカルチャー」にて、6月17日(日)12時より単独トークショーを開催することがわかった。

【大きい画像を見る】宮武一貴



宮武は、スタジオぬえ所属のメカニックデザイナー、イラストレーター、コンセプトデザイナーで、『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで知られる大河原邦男と並び、日本のメカニックデザイナー職を確立した草分け的存在。
TVアニメ『マジンガーZ』のエンディングで「透視図解」イラストが使われたのをはじめ、その後は多数のロボットアニメ、 SFアニメ、ゲーム作品の数々に参加している。


今回のトークショーでは、そんな宮武が興味の赴くままに、生物や自然、 SFやメカ、その他怪しげな話題についてトークを展開。
さらに、マニア垂涎の未公開設定画像も会場限定で初公開されるだけでなく、質疑応答コーナーやプレゼント抽選会なども予定されているとのこと。また、会場限定のイラスト色紙やオリジナルTシャツが購入できるなど、物販も充実。フード&ドリンクとともに、“宮武の世界”を2時間たっぷり楽しめるものになっている。


トークショー「宮武界~博物学とSFを語る~」
登壇者:宮武一貴
会場:東京カルチャーカルチャー
開催日:2018年6月17(日)
開場時間:11時(開場物販は開場時間とともに開始)
開演時間:12時~14時30分
定員:150席 ※入場は整理番号順の全席自由席
チケット販売:イープラスアカウントにて販売
※会場では500円以上ワンオーダーが必須
主催:studioCROi
物販・告知協力:キャラアニ.com
会場・制作運営:東京カルチャーカルチャー【ほかの画像を見る】「宮武一貴画集」表紙
「宮武一貴画集」表紙