6月10日、電気自動車のレースシリーズ「フォーミュラE選手権」の第10戦が、スイス・チューリッヒで開催された。スイスの地での初開催となったこのレースで、ディフェンディングチャンピオンであるTeam Audi Sport ABT Schaeffler(チーム アウディ スポーツ アプト シェフラー)のルーカス ディ グラッシは、記録的な大観衆が見守る中、アウディに歴史的な勝利をもたらした。

1954年以来、スイスで国際的なレースが開催されたことは一度もなく、チューリッヒの金融街に設営された市街地サーキットには、国際的なモータースポーツの復帰を待ち望んでいた10万人以上の観客が詰めかけた。アウディのe-tronテクノロジーは、圧倒的な走りで大観衆を魅了。5番グリッドからスタートしたディ グラッシは、18周目にトップに立つと、そのままライバルを寄せ付けない走りで優勝を飾った。39周目にチェッカーを受けた時点で、2位に入ったサム バード (DSヴァージン レーシング)とは7秒542の大差が付いていた。

今回の勝利は、ディ グラッシにとってフォーミュラE通算7勝目、2017/2018シーズンでは初めての優勝となった。ディ グラッシは、今回の勝利でドライバーズランキング3位に浮上し、7月14~15日にかけて2レースが開催される最終戦の米・ニューヨークの結果次第では、ランキング2位となる可能性を残している。彼はレース前にチームと交わした約束を守り、チューリッヒ湖に飛び込んで歓喜を表現した。

チーム アウディ スポーツ アプト シェフラーにとっては、第9戦に続く2連勝、今シーズン3勝目となった。チームランキングでは、残り2レースを残した時点でトップのテチーターとの差を11ポイント縮めて2位を維持している。
(エボル)

画像提供:マイナビニュース