【ロサンゼルス時事】米大リーグ、タイガースの公式サイトは、ミゲル・カブレラ内野手(35)が12日のツインズ戦で左腕の二頭筋けん断裂のけがをし、手術を受けるため今季中の復帰は絶望と伝えた。三回の打席で空振りした際に痛めた。

 カブレラは2012年に三冠王を獲得したメジャーを代表する強打者で、同年と13年にはア・リーグの最優秀選手に選ばれている。

 今季は右太もも裏のけがもあり、38試合の出場で、3本塁打22打点、打率2割9分9厘。