音楽プロデューサー松任谷正隆のレギュラー番組『松任谷正隆のおでかけラジオ』(TOKYO FM 毎週金曜19時30分~19時55分)の6月15日・22日(金)の放送回に、とんねるずの木梨憲武がゲスト出演する。

「いい先輩、いい会社に恵まれつつ勝ち抜き番組に出ていました」(木梨)

ゲストの「好き」を紐解いていく音楽プロデューサー松任谷正隆のレギュラー番組『松任谷正隆のおでかけラジオ』(毎週金曜 19時30分~19時55分)。6月15日・22日(金)の放送回のゲストとして、とんねるずの木梨憲武を迎える。 

松任谷正隆が麻布十番にある木梨憲武のアトリエを訪ねるところから番組はスタート。木梨憲武は「アトリエがある麻布十番、広尾、天現寺から出ないですね。元気のある若者の街とか、苦手なんです(笑)」と、 ホームグラウンドである麻布十番愛を語る。 

さらに、木梨憲武の学生時代やサラリーマン時代、そしてどのように「とんねるず」の木梨憲武になっていったのかを、松任谷正隆がインタビューしていく。「ボケとツッコミのシステムがわからないんですよね。師匠もいないし。“部室芸”とか言われ続けながら、でも赤塚不二夫さんやタモリさんに”好きにやったほうがいいよ”と言われながら『とんねるず』をやってきました。歌手でもないのに歌手になってみたり(笑)」と振り返ると、松任谷正隆は「とんねるずの“何でもやる”っていうのがいいよね!」と納得した。

そんな木梨憲武にとって「絵を描くこと」とはどんなことなのだろうか? 画家・木梨憲武の素顔も明らかになる。

この模様は6月15日・22日(金)の2週に渡り放送される。