公園の女子トイレで盗撮したとして、埼玉県警少年捜査課などは13日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑で、同県羽生市下岩瀬の会社員川田哲也容疑者(37)を逮捕した。容疑を認め、「女子中学生や高校生の排せつ姿が見たかった。6~7年前から始めた」と話しているという。

 逮捕容疑は5月6日、同県本庄市内の公園の女子用公衆トイレで、女子中学生らを小型カメラで撮影し、保存した疑い。

 同課によると、仕掛けられた小型カメラに利用者が気付き、公園管理者に連絡。カメラの映像などから同容疑者が浮上した。容疑者宅からカメラ11台、数百人分の動画が収められたマイクロSDカード121枚などを押収したという。