小学生の女の子に「お帰りなさい」と声をかけたら、彼女のランドセルの防犯ブザーが鳴り響いた――。埼玉県在住の75歳がそんな体験談を新聞投書に寄せたところ、ツイッターで「切ない」と反響を集めることとなった。

「女の子に声かけ 迷惑かけた」。投書は、読売新聞の2018年6月9日付朝刊の「気流」欄に載り、そんなタイトルが付いていた。

「やはりおせっかいだったろうか」

投書によると、投稿者の幼稚園職員(75)がある日、交差点で信号待ちをしている時、ピカピカのランドセルを背負った女の子がやって来た。

「お帰りなさい。車に気を付けて、おうちに帰ってね」

女の子にそう声をかけると、突然、ランドセルに付けていた防犯ブザーが鳴り響いた。女の子はそのまま横断歩道を渡って行った。

投稿者はそれまでも、顔見知りの卒園生に声かけをしていたが、ニコニコと返答してくれていたので、同じように初対面の彼女にも声をかけたそうだ。

ただ、逃げるように去って行った後姿を見て、見知らぬ人に声をかけられたらブザーを鳴らすようにと、家庭で言われているのだと想像したという。

「やはりおせっかいだったろうか。自分では親切なことをしたと思っても、かえって、迷惑なことがあるのだと痛感させられた」

投稿者の性別は明示されてはいないが、名前の末尾が「子」になっている。

「親切もできない世の中なんて」

一般のツイッターユーザーが6月9日、この投書の写真を紹介すると、「リツイート」2万6000件、「いいね」4万3000件の反響を呼ぶことに。ツイートには、174ものリプライ(返信)が寄せられた(6月13日時点)。

「これ、子どものとった行動としては満点なんだよなぁ...声をかけた方にとっては切ないけれども」
「警戒心を持ってと言われているのだろうし、女の子の行動もまちがっちゃいない でも悲しい...」
「そうやって 声をかけてあげるのは 別に悪い事では ないけど やはり 悲しいですね」

見知らぬ人から身の安全を守るために防犯ブザーを鳴らした女の子と、親切心で知らない子にも声かけした投稿者。いずれも不適切な行動をしたわけではないと思うが、切なさや悲しさがこみ上げてきた、という意見が多い。

その他、こうした声かけ1つできない世の中の現状を嘆くような声も少なくなかった。

「本当に残念な世の中になってしまって悲しい気持ちです」
「悲しすぎる。親切もできない世の中なんて」
「こういった記事を見るたびに、『こんな時代に誰がした!?』と思わずには居られません」
「世知辛い世の中です。何にも言えない社会になりつつあるんですね」
画像はイメージ