若者に献血を呼びかけるライブイベント「LOVE in Action Meeting(LIVE)」が12日、都内で行われ、フリーアナウンサーの小林麻耶(38)が司会を務めた。


 「LOVE in Action Meeting(LIVE)」は今年で9回目を迎えるイベントで、4人組ロックバンド・andropが「はたちの献血」のキャンペーンソングを披露。さらにアイドルグループの私立恵比寿中学とBiSHがパフォーマンスを行い、会場を盛り上げた。

 小林は昨年6月、乳がんのため34歳の若さで亡くなった妹・麻央さんが、何度も輸血で救われたことを明かし、「真っ青だった顔が見る見るうちにピンク色になって。目に生気が戻ってきて笑顔まで戻ってくるんです。輸血というのは輸血を受けた患者さんだけでなく、その周りの私たち家族も笑顔にしてくれる、本当に尊いものだという風に私は感じました」とその大切さを語った。


 現在は、全国各地で行われている、献血の大切さを呼びかけるイベントに参加しているという小林。小林は「輸血がなかったらもっともっと短い時間になってしまいました。だから代弁者として、献血をしてくださった方々への感謝の気持ちを伝えています。改めて献血をしてくださった皆様、本当にありがとうございました」と頭を下げ感謝を伝えた。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)