少子高齢化が進展している日本では、小児医療の高度化や成人に対する疾患予防・早期発見といった観点から、医療・介護のニーズがますます増加すると予想されています。そのため、医療機器の国内市場規模は年々増加傾向に。政府からも、医療機器産業は営業利益率が高水準 且つ高い付加価値を生み出す産業として、今後の更なる成長戦略を期待されています*。
2018年6月20日(水)から22日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第9回 ヘルスケア・医療機器 開発展」には、金属・樹脂加工技術や計測、画像技術などをはじめとした、あらゆる技術が出展します。今年は「針・パイプ」「チューブ」「素材・材料」と3つの専門ゾーンを新設。専門的な技術をより集中してみる事ができます。人命に関わる機器のため、非常に高品質・高精度、そして安全性に長けた出展製品揃いです。ぜひ取材にお越しください。
(* 出典:経済産業省「平成29年度 医療技術・サービス拠点化促進事業(平成30年4月)」)

■ 注目の出展製品を一部ご紹介 ■

◆MIM業界初!極薄肉の微小パイプ形状の量産をμ-MIM(R)が実現!
【 製品名:薄肉・微細の金属部品 /
  社 名:(株)日本マイクロMIMホールディングス 】
独自のμ-MIM技術により、最薄肉部0.1mm以下、全箇所で肉厚0.2mm以下の極小パイプ形状の量産化が可能になりました。既存技術では実現できない微細な金属部品も、20年以上前から開発を行ってきた世界最高クラスのMIM技術で、高精度で量産します。



◆食中毒とは おさらば。世界レベルの技術でウイルスから身を守る!
【 製品名:ノロウイルス濃縮キット /
  社 名:Korea Basic Science Institute 】
この濃縮システムは、使い捨ての固相抽出型シリンジのために設計されています。200mLの液体サンプルから、たったの15分でノロウイルスを濃縮することが可能。ノロウイルスを素早く診断したい時に最適です。



◆注射針製造のスペシャリストがおくる、歯科医師の手技が伝わる針
【 製品名:歯科用麻酔針 / 社名:ミサワ医科工業(株)】 欧米の先進国を中心に「痛みを最小限に抑える」と高い評価を受けている注射針。極細径加工技術で、細い外径と刃先の切れ味を追及するだけでなく、歯科医師の手技を正確に伝える適度な長さと硬度を備えています。


◆世界的に権威ある、国際的デザイン賞「レッドドット・デザイン賞」を受賞
【 製品名:血圧脈波検査装置 ARTERIOVISION /
  社 名:山陽精工(株)】
四肢の動脈の硬さを個別に評価できる新型血圧計。大型医療施設で行われていた本格的な測定を、在宅医療でも行えることをコンセプトに設計されました。起動・測定を示す灯りは、ホタルの光のように柔らかく灯し、ユーザーに伝えるデザインになっています。


その他、医療に関する注目製品 多数出展!
詳細リリースはこちら >>> http://www.japan-mfg.jp/tokyo/doc/news18_02/


■□■□■□■ 招待券請求(無料)受付中! ■□■□■□■
申し込みはこちら >>> http://www.medix-tokyo.jp/inv/
(招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


第9回 ヘルスケア・医療機器 開発展 概要
日時:2018年6月20日[水]~22日[金]  10:00~18:00(22日のみ17:00まで)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
出展社数 :2,580社(見込み)
同時開催展:第29回 設計・製造ソリューション展 / 第22回 機械要素技術展 /
      第26回 3D&バーチャル リアリティ展


※本リリース掲載の出展製品情報は、展示会公式WEBサイトの「出展社・出展製品情報」と
各社HPより引用しています。
※掲載の出展社数は、同時開催展・共同出展社も含めた、2018年3月9日時点での最終見込み数字であり、
開催時には増減の可能性があります。

配信元企業:リード エグジビション ジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ