2020年に限り、3つの祝日を東京五輪の前後へ移す改正東京五輪・パラリンピック特別措置法が18年6月13日、参院本会議で可決され成立した。

同法により、海の日(7月第3月曜)は五輪開会式前日となる7月23日(木曜)、体育の日(10月第2月曜)は開会式当日の24日、山の日(8月11日)は閉会式翌日の8月10日にそれぞれ移動する。