OSK日本歌劇団のトップスター・高世麻央が13日、都内で行われた新橋演舞場7月公演『OSK日本歌劇団 レビュー夏のおどり』記者懇親会に出席。今回の公演をもって、同劇団を退団する高世は「こんなに長く、自分の大好きなOSKで舞台を続けてこられるとは思ってなかったです」とこれまでの活動を感慨深げに振り返った。

【全体ショット】会見に出席したOSK日本歌劇団

 高世は1996年にOSKに入団し、劇団解散という危機を乗り越えて、歌・ダンス・芝居の三拍子そろった男役スターとして活躍。2014年にトップスターに就任し、15年11月には新橋演舞場でトップお披露目公演を行って以来、日本のレビュー文化を支えてきた同劇団を引っ張ってきた。

 高世は、同劇団での活動を「自分の人生の誇り」と表現した上で「(自分以外の劇団員も)すごくみんな魅力的でチャーミングなのですが、それをどういう形で、いい意味でリーダーシップを持って、お届けできるのかというのが私自身の課題でした。(今作に向けて)劇団員みんなと心を合わせていきたいです」と呼びかけていた。

 懇親会にはそのほか、桐生麻耶、楊琳、真麻里都、舞美りら、白藤麗華も出席。同作は、7月5日から9日まで東京・新橋演舞場で上演される。
OSKトップスター・高世麻央 (C)ORICON NewS inc.