【大きい画像を見る】『ジャストコーズ4』もはや笑うしかないカオス度満点の新要素に大注目―プレゼンテーション&インタビュー【E3 2018】

アメリカ・ロサンゼルスのコンベンションセンターにて開催中のイベント「E3 2018」。様々な期待作の情報が登場するなか、スクウェア・エニックスは、人気シリーズ最新作『ジャストコーズ4(Just Cause 4)』を発表しました。Game*Spark編集部では早速、本作のメディア向けプレゼンテーションに参加。プレゼンテーションのあとにはエグゼクティブプロデューサーを務めるAdam Davidson氏へのインタビューも行えましたので、まとめてお伝えします。

面白くないわけがない新要素たち【プレゼンテーション】

プレゼンテーションは、新たなApexエンジンで描写される美しい景観からスタート。その後、シリーズお馴染みのグラップリングフックに導入されるカスタマイズ要素が紹介されました。本作では、リコが操るグラップリングフックを様々な用途にあわせて改造できるようになっており、ただでさえ高いカオス度が天元突破しています。

例えば、パルスと呼ばれるものを設定すると、パルスを設置したオブジェクト(車やコンテナなど)を弾けさせることが可能で、複数のオブジェクト感に設置することで、瞬間的に上空までコンテナなどを吹き飛ばせます。ほかにもブーストさせたり、ガスの風船をつけることでオブジェクトを一定時間浮かせたりもできました。


また、ブーストとガス風船を組み合わせることで、浮かせたオブジェクトを飛行船のように前に押し出すことも。このように、グラップリングフックの機能が大幅拡充されたことで、今まで出来なかったことがいとも容易く行えるようになるのです。

続いては、トレイラーでも描かれていた「トルネード」を追うゲームシーンに移行。トルネードは通る先に存在するありとあらゆるオブジェクトを巻き込み、破壊していく恐ろしい存在でした。オブジェクトであれば例外なく巻き込んでいくさまは、全作をプレイしているシリーズファンでさえも度肝を抜かれることでしょう。


トルネードを重装甲車で追っていくと、敵が支配している空港(基地)に到着。ここには、トルネードをその場に留めるために空気を噴出する装置がいくつかあり、リコは車から降りてそれを一つずつ破壊していきます。ここでも進化したグラップリングフックを活用しており、非常に爽快感溢れるプレイが展開していました。ちなみに、本作で大きな要素となるであろうトルネードは、自分が放ったロケット弾もクルクルと巻き込むため、新たな遊びを見つけることもできるかもしれません。

次ページ:本作の醍醐味「トルネード」とはなんなのか?開発者インタビュー

――『ジャストコーズ4』ではトルネードも含め、すごく派手になっていてビックリしました。

Adam Davidson氏(以下、Davidson):ありがとうございます。今回E3に本作を持ってくることができてうれしいです。

――トレイラーやプレゼンテーションで出てきた「トルネード」は、本作で重要な存在になると思うのですが、これはランダムで発生するのか、もしくは決まった場所でしか発生しないのでしょうか。

Davidson:ゲーム世界でトルネードは常に生まれていて、遠くで発生したものも見れるようになっています。もちろん、(見ているだけでなく)インタラクトすることも可能ですよ。

――「トルネード」は自然に発生しているのか、もしくは人為的に生み出されているのでしょうか。

Davidson:まだちょっと言えないですね。でも近々わかると思います。

――敵対組織は、トルネードを防ぐ装置を使っていて、ゲーム内世界でトルネードは当たり前の現象になっているんですね。

Davidson:南米諸国をベースに、今作の舞台となる架空の国家「ソリス」を作ったんですが、実際に南米で起こっている自然現象もモデルにしているので、実際に住んでいる人たちにとっては身近なものになっていますね。

――グラップリングフックのカスタマイズ要素の導入は、どういった意図やきっかけがあったのでしょうか。

Davidson:前作『ジャストコーズ3』のユーザーゲームプレイを見ていたんですが、僕たちが想像もしていなかったような遊び方をしているのを見ました。なので、遊びを最大限に提供したいという思いから、『ジャストコーズ3』開発終了直後からディスカッションが始まりました。

――ブーストとガス風船を使うことで、より能動的に破壊ができるようになりましたね。

Davidson:モノとモノを繋げるグラップリングフック(ワイヤー)の引っ張る強度もカスタマイズできますし、ガス風船でモノをどこまで引き上げるか、どれだけ空中に維持させるかといったことも設定できます。また、ビギナー向けにテンプレートのようなものが用意されているので、それを使って遊ぶことも可能です。

――前作では、車に爆弾をつけても、それを持っていかなきゃいけない、ということがありましたが本作では戦車をそのまま突っ込ませることができるのはすごいですね。

Davidson:ユーザーたちのゲームプレイで、車に爆弾をつけて、運転して……というのを見ていたので、それだったらもうパーッとできた方がいいだろう、ということで進化しました。

――『3』では、DLCで移動方法などが拡充されていったと思うのですが、『4』でDLCはどのような扱いになるのでしょうか。

Davidson:DLC自体があることは発表しているのですが、詳細については今後お伝えします。

――今後、「トルネード」を自分で方向転換させたりできるようにはなるのでしょうか。

Davidson:自分の武器のように扱うのは、現状のプランでは予定されていません。

――Avalanche Studiosは現在、本作を含めて3つの開発の並行していますが、同時に進めるうえで苦労したことはありますか。

Davidson:『ジャストコーズ4』だけでも非常に大変なんですが、我々一同、愛を持って開発しているので、楽しい苦労、という感じですね。

――現時点でユーザーにみて欲しい部分はどこでしょうか。

Davidson:激しい気候変動はもちろんですが、グラップリングフックの幅が広がったことも注目してもらいたいなと思います。

――シリーズファンは本作の魅力を十分理解していると思うのですが、『ジャストコーズ4』から触れようとしているユーザーに対して、ここなら他のタイトルに負けないという強みを挙げるとしたらどういったところになるでしょうか。

Davidson:クリエイティブの自由度をとても推したいですけど、ストーリーも魅力的に仕上がっていますよ。それに、ストーリーを追うだけでも楽しいですが、『ジャストコーズ』最大の魅力はやはり"破壊"なので「こんな破壊できるかなー」と思ったらだいたいできちゃいます。ぜひ試してみて欲しいです。

――最後にファンへのメッセージをお願いします。

Davidson:日本の『ジャストコーズ』ファンの期待を裏切らないものになっているので、続報を楽しみに待っていてね。トルネードは本当にすごいので、びっくりして腰が抜けるかもね(笑)


『ジャストコーズ4』はPS4/Xbox One/PCを対象に、海外では12月4日、日本での発売日は未定です。【ほかの画像を見る】『ジャストコーズ4』もはや笑うしかないカオス度満点の新要素に大注目―プレゼンテーション&インタビュー【E3 2018】
『ジャストコーズ4』もはや笑うしかないカオス度満点の新要素に大注目―プレゼンテーション&インタビュー【E3 2018】