ハンブルガーとケルンの降格が7位、宇佐美&原口所属のデュッセルドルフ昇格が6位

 2017-18シーズンのブンデスリーガは、バイエルンの前人未到となる6連覇で幕を閉じた。リーグ公式YouTubeチャンネルでは様々な特集で総括がされているが、「グレイテスト・モーメント」として今季の印象的なシーンがまとめられた。ハンブルガーSVとケルンという日本人選手も所属した名門クラブの降格から、MF長谷部誠が所属するフランクフルトのカップ戦優勝や陸上界のスター、ウサイン・ボルトの話題などが選出されている。

 10位から順に、ドルトムントからレバークーゼンへ移籍した元ドイツ代表DFスベン・ベンダーのジグナル・イドゥナ・パルク凱旋、ブンデスリーガ初のVAR判定とビビアナ・シュタインハウスさんがリーグ史上初の女性主審として試合を裁いたという審判に関するトピックがランクインしている。

 8位にはドルトムントの元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラーとレバークーゼンの同FWシュテファン・キースリングというともにクラブの象徴的選手だったベテランの引退。7位は日本代表DF酒井高徳とMF伊藤達哉の所属するハンブルガーSVと日本代表FW大迫勇也(→ブレーメン)がプレーしていたケルンの降格という感傷的な話題が続いた。

 6位は逆に2部リーグからデュッセルドルフとニュルンベルクの昇格が決まったという明るい話題が入った。日本代表FW宇佐美貴史とFW原口元気はデュッセルドルフで昇格の立役者となった。


1位は老将ハインケスのバイエルン復帰

 5位は“人類最速の男”、ボルトが日本代表MF香川真司の所属するドルトムントの練習参加した驚きの話題。プロ顔負けのテクニックを披露した。4位はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキのブンデスリーガ通算100得点達成と、個々のスターがクローズアップされた。

 3位は日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトのDFBポカール優勝とUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得。2季連続で決勝進出を果たしたポカールではリーグ王者バイエルンを下してトロフィーを獲得し、飛躍の1年となった。

 2位は昨年11月25日に行われたドルトムント対シャルケの「ルール・ダービー」だ。現地では「レヴィア・ダービー」という呼び方が一般的な伝統的なこの一戦は、ドルトムントが前半だけで4点リードを奪う方的な展開となったが、後半はシャルケが立て続けに得点してその差を一気に詰めていく。4-3となって迎えた後半アディショナルタイム4分には元ブラジル代表DFナウドの強烈ヘッドが決まり、試合は4-4で決着という今季のブンデスで最もスリリングな試合展開だった。

 そして1位はユップ・ハインケスのバイエルン復帰だった。不振でカルロ・アンチェロッティ前監督を解任したクラブが後任に指名したのは2013年に現役を退いていたドイツ人指揮官だった。電撃復帰を果たした73歳の老将はチームを立て直し、チームに6年連続となるリーグタイトルをもたらした。


(Football ZONE web編集部)

ブンデスリーガ”今季最高の瞬間”に選ばれたのは?【写真:AP Images】