Netflixフランスで開催中の世界最大規模のアニメーションの祭典、第42回アヌシーアニメーション映画祭(現地時間6月11日6月16日)において、 “Netflixスタジオフォーカスネル”を現地時間6月12日に開催。キッズファミリー コンテンツ部門からヴァイスプレジデントを務めるメリッサ・コブとディレクターのアラム・ヤコビアンが登壇し、ゲストフェルナンダ・フリック監督(「レイズ・ザ・バー(原題)」)、アンディコイル監督(「ヒルダの冒険」)、そして日本から『B: The Beginning』の中澤一登監督を迎え、Netflixオリジナルアニメーション作品についてパネル・ディスカッションを行った。

 その記念すべき場で、中澤一登監督Production I.Gタッグを組んだオリジナルアニメ『B: The Beginning』(Netflixにてシーズン1全世界独占配信中)のシーズン2制作の決定が発表された(シーズン2の配信時期等、詳細は未定)。本作は同映画祭で「テレビ作品コンペティション部門」に選出されており、映画祭のコンペティション部門に日本発のNetflixオリジナルアニメ作品として初選出されている。

 昨年の同映画祭では湯浅政明監督の『夜明け告げるルーのうた』が長編部門での最高賞にあたるクリスタル賞を受賞、片渕須直監督の『この世界の片隅に』が長編部門での審員賞にいており、『B: The Beginning』にも期待が集まる。授賞式は、6月16日22時(現地時間)に開かれる。

◆『B: The Beginningシーズン2特報映像
YouTubehttps://youtu.be/AVVIfRsw0WA

 同イベントでは、Netflixグロバルおよび日本オリジナル作品を中心としたアニメラインナップのひとつとして、『ヒルダの冒険』(原題「Hilda」)の配信日が9月21日に決定したことが発表され、チリ発のフェルナンダ・コイル監督による『レイズ・ザ・バー(原題)』も紹介された。

B: The BeginningNetflixにて全世界独占配信中
作品ページhttps://www.netflix.com/title/80097594 

 中澤一登監督映画キル・ビル』アニメーションパート監督)とProduction I.G(「攻殻機動隊シリーズ)がタッグを組んだNetflixオリジナルアニメ。群国家「クレモナ」を舞台に、王立警察(通称「RIS」)の伝説の捜官:キース・フリックが、犯行現場に必ず「B」の文字を刻み込む連続殺人犯【Killer B】を追う様を、海外ドラマさながらの壮大なスケールで描くノンストップクライアクション主人公キース役の平田広明をはじめ、梶裕貴瀬戸麻沙美などキャストが出演している。

Netflix
https://www.netflix.com/jp/

公式Twitter
https://twitter.com/NetflixJP

(c)Kazuto Nakazawa / Production I.G