独仏露とウクライナの4カ国の外相は11日、ベルリンで会談し、ウクライナ東部へのPKO部隊派遣や停戦合意履行を協議した。ロシアが全欧安保協力機構の停戦監視部隊を警護する小規模の部隊派遣を主張する一方で、ウクライナは本格的な部隊派遣を求めたことから溝は埋まらずに外交当局の折衝を続けることで折り合った。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら