6月2日〜3日、東京・八王子でクライミングワールドカップ第5戦が行われた。

女子は野口啓代が3課題を完登し3連勝、W杯通算21勝目となった。野中生萌は4戦連続の2位に入り、3大会連続のワンツーフィニッシュ、圧倒的な強さを見せつけた。シニア1年目の伊藤ふたば初めて決勝に進出し6位と健闘した。

男子は楢崎智亜杉本怜原田海が決勝に進出。楢崎は第3課題も完登できていなかったが、最終第4課題で完登し2位に入った。

情報提供:SPORTS BULL

SPORTS BULL

スポーツブルは、
インターネットスポーツメディアです。
数十社の良質なスポーツ媒体と連携し、
話題のスポーツニュース記事、動画をいち早くお届けします。
また、ここでしか見ることの出来ないオリジナル記事や番組を配信しています。
スマートフォンはもちろん、PC、タブレットでもお楽しみいただけます。