全日本大学野球選手権は第3日の13日、神宮球場などで2回戦6試合を行い、8強が出そろった。優勝候補の東洋大(東都)はコールドで初戦敗退した。14日に神宮球場で行われる準々決勝は、東北福祉大-白鴎大▽東日本国際大-慶大▽国際武道大-徳山大▽九産大-宮崎産業経営大--となった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら