13日、『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。

 この日は、元BiSのメンバーが所属するBILLIE IDLERが登場。MCの矢口は「そもそも、その……どうしたんすか?」と、メンバーのプー・ルイがBiSを辞めた理由を探り始める。


 プー・ルイによると、去年の12月に開催された矢口真里プロデュースのアイドルフェス「やぐフェス」にBiSとして参加した時には既に辞めることを心に決め、メンバーにも打ち明けていたという。

 矢口が「いつ決めたんすか、抜けることを?」と具体的な時期をたずねると、プー・ルイは「10月下旬とか……11月頭くらいですね」と明かす。しかし岡野が「なんで辞めようと思ったの?」と踏み込むと、「理由はいっぱいあるんですけど、頑張れなくなった」と急にガチなトーンになり、スタジオの空気を一変させた。


 「私が想像してたのは“全裸PVのBiS”だったんですよね」と語るプー・ルイ。BiSは1stシングル『My Ixxx』で、樹海で“全裸”になって踊るという衝撃的なMVを発表して世間の話題をさらっている。


 「そういう刹那的な、エモーショナルなものが始まるって思ったんですけど、思ったより売れちゃってたんですよ」と、その後人気が出すぎたため活動に制限がかかり、プー・ルイの目指していたものとグループの活動に“ズレ”が生じたことが脱退の理由だと明かす。


 いつもは奔放な発言が多いプー・ルイだけに、岡野が「初めてまともなこと言いましたね」と驚くと、矢口も「結構ストイックな考え方なんだね」と感心していた。


(C)AbemaTV