前回の【小説】国芳になる日まで 第7話はこちら

■文政七年 春(3)

「他にも色々あるぜ」

国芳は「平知盛亡霊と弁慶」の絵を脇に置き、次の一枚を取り出した。

画像:国芳「吉野山の横山覚範と佐藤忠信の戦い」ボストン美術館

「これア四年前くれえに描いたやつだ。義経の家来の忠信と横川覚範の吉野山での一戦」

「うわ、凄い数の矢ね」

「でもやっぱりまだまだだな!全体に灰色が多すぎた。今ならもっと色を工夫するかな」

「・・・・・・うん」

みつの伏せた睫毛が、儚げにゆれた。

目もとには、何か濃い陰翳を宿している。

国芳は少し訝(いぶか)しんだ。

「ねえ、国芳はん」

「ん?」

「あたしの目、好き・・・・・・?」

不意にみつが訊いた。

「そりゃあ、わっちゃア、大好きだ」

国芳は顔を真っ赤にしてそう言った後、にっと明るく笑った。

「そっか」

みつは溜息のような声を鼻から出した。

「あたしはこの目、嫌いなの」

「なんでだ?誰より綺麗な目だぜ」

「そうかしら。・・・・・・」

みつが口をつぐみ、この話はそれで終わるはずだった。しかしまた、女はくちびるを開いた。

「ねえ、国芳はん」、

「ん?どうした?」

国芳が見ると、みつは何か思い詰めたような意を決したような表情で、脇に寄せた絵を引き寄せた。

「この絵の海は、どんな色をしているの?こっちの船は?この空は?」

画像:国芳「平知盛亡霊と弁慶(部分)」ボストン美術館

この女は何を言っているのだろう、と国芳は思った。咄嗟には理解ができなかった。

「ねえ、国芳はん」、

みつの目にみるみる大きな水鞠が膨れ上がり、そして、ぽたりと真下に落ちた。

「たんぽぽは、どんな色なの」。

国芳は胸を衝かれた。

「・・・・・・見えねえ、のか?」

国芳は驚きに身を起こし、みつの肩を掴んで面詰した。

「見え・・・・・・ないよ」

そう答えたみつの華奢な身体は、これ以上揺さ振れば脆く崩れ去ってしまうのではないかと思われた。

女は真っ直ぐ国芳を見つめたまま、翡翠のような涙をぽろぽろと落とした。国芳は狼狽を隠せない。

「あたし、十二の時に高い熱で死にかけて、治って目が覚めた時からこの目」、

薄桃のくちびるが、かすかに震える。

「色が、見えない」。

「そうか。・・・・・・」

国芳の極彩色の絵が、みつにはつまらなく思えた理由が分かった。国芳がこだわっていた色そのものが、彼女の目には映らなかった。

「誰にも言った事ないよ。知られたら花魁を降ろされちまう。それどころか見世を追い出されるかもしれない。毎日怖いの。記憶と明暗だけで見分けて、ものの匂いや感触や何でも片っ端から憶えて、皆と変わらずに生活出来るように自分で訓練したの。必死だった」

みつが言うにはその目は光にも弱く、昼間に陽光の下に出ると光が目に刺さって痛むために外出もままならない。反対に早朝や夕刻以降の陽のない時間は、微妙な明暗の差ですら昔より一層鮮明に見分けられるのだという。

「床の中の事もあんまり憶えが良くて、仕込みに気味悪がられた。生娘じゃないと思われて、行燈部屋で折檻もされた。それでも女郎にしかなれないから、どうしたら男が喜ぶのか、死に物狂いで覚えてやってきた。汚いの、あたし」

思い詰めた眉根も怯えたまなざしも震える声音も、全てがさっきまで国芳の見ていたみつとは別人で、しかし全てが紛れもなくみつであった。

「毎年お正月に、楼主があたし達一人々々に新しい小袖をくれるんだ。あんたと初めて会った日に着ていたやつ。嬉しいのに、それがどんな色なのか分からない。あんたのこの絵の色も、前にくれた凧の色も、このたんぽぽの花の色すら見えない」

みつは顔を覆って啜り泣いた。

国芳はおろおろとうろたえるばかりであった。

惚れた女の涙を見てなんと声を掛けるのが正しいのか、不器用な江戸の職人の男には少しも分からない。

分かるはずもない。

男は色を操り、色のある絵を描く事しかできないのだから。

ぎこちない手つきで細い肩に触れようとした手を、女は払いのけた。

「もう、あたしの所には寄らないで。こんな絵、全然嬉しくない。面白くなんかない。あんたはとっとと吉原から出て行って、娑婆であんたの絵を面白いと言ってくれる女見つけて、勝手に幸せになんな!」

「おみつ・・・・・・」

「出てけ!あたしはおみつじゃない。京町一丁目岡本屋の、紫野花魁だよ!」

国芳はしばらく粘ったが、みつがこちらを向く事は二度となかった。

男が去った後、床に小さな花が落ちているのを見つけて、みつは泣き伏した。

本当は、嬉しかった。

会えなかった三月(みつき)の間、国芳が自分を笑わせるために「面白い絵」をずっと模索してくれていたのだと思うとそれだけで涙が出た。

しかし互いのためを思うならば、国芳は娑婆の女と恋をし結ばれるべきであったし、みつはこの吉原遊廓で花魁として在り続けるべきであった。

あのまま国芳の優しさに甘え続けたら、

(きっとあたしは、駄目になる)

初めの日はからかうくらいの気持ちだったのに、今日もう一度会って分かった。

自分はこの男に心を揺らしていると。

みつはそっと瞼を閉じる。

これ以上、踏み込んではいけないし、踏み込ませてはいけない。

みつの心は、巨大な瞼によって閉ざすように覆われている。

瞼を閉じてしまえば大丈夫だ、とみつは思った。

大丈夫。

何もなかった時にきっとまた、引き返せる。

作中イラスト:筆者

関連画像