自民党と連携して性的少数者への「理解増進」に取り組む一般社団法人LGBT理解増進会が主催するシンポジウムが13日、東京都千代田区の経団連会館で開かれた。自民党の「性的指向・性自認に関する特命委員会」のメンバーらが登壇し、約150人の参加者を前にLGBTへの理解を促進する法律の必要性などを訴えた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

LGBTへの「理解増進」を訴える自民党の稲田朋美衆院議員=東京都千代田区で2018年6月13日午後3時42分、藤沢美由紀撮影