フジテレビのサッカー公式ツイッターアカウントが2018年6月12日夜、日本代表のロシアW杯前ラストマッチとなるパラグアイとの国際親善試合の直前に、「勝つのはパラグアイ」と誤投稿した。

同アカウントは投稿をすぐに削除し、「誤解を与えるような内容」だったと謝罪していた。ところで、いくら間違えて投稿したものだとはいえ、なぜ対戦相手を応援するようなツイートをしてしまったのか。J-CASTニュースが、フジテレビ広報部に尋ねると...。

「何がどうなったらこういう間違いになるの」?

公式マーク付アカウント「フジテレビサッカー(@cxfootball)」は12日21時前、ハッシュタグ付きで「#勝つのはパラグアイ」とだけ投稿。キックオフが迫る親善試合の対戦国を応援するようなツイートに、フォロワーらからは、

「フジ...、本音がダダ漏れだよ」
「何がどうなったらこういう間違いになるのか説明して欲しい」
「なんで謝るの?フジテレビ、サッカー解ってんじゃんて思ってたのに(笑)」

といった困惑の声が相次いでいた。なお、試合は4-2で日本代表が勝利した。

その後、同アカウントは上述のツイートから約1時間後に、「誤投稿がございました」と報告。続けて、

「既に投稿は削除させて頂きましたが、フォロワーの皆様に誤解を与えるような内容となってしまいましたことをお詫び申し上げます」

と謝罪した。

フジ広報「(原因は)誤操作」

いったい、今回の誤投稿はどういう経緯で起きたのか。フジテレビ広報室の担当者は13日夕、J-CASTニュースの取材に対し、

「日本対パラグアイ戦の勝敗予想企画を実施いたしましたが、不具合確認のためにテスト投稿を行った際、誤操作により『勝つのはパラグアイ』と公式ツイッター上に投稿 してしまいました」

と説明した。

実際、同アカウントでは12日夕、パラグアイ戦前の「緊急勝敗予想」だとして、フォロワーらに「#勝つのは日本」か「#勝つのはパラグアイ」、どちらかを投稿するように呼び掛けるツイートがあった。

まさかの「誤爆」、原因は…