嵐(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ既報のとおり、NEWS・手越也が未成年女性と飲パーティをしたことが『文オンライン』によって明らかになった。

その中で、パーティの様子を収めた動画開されたのだが、手越の歌った替え歌が物議を醸している。

■替え歌で嵐の「口パク」を指摘

報道によれば、手越はCHEMISTRYの『Wings of Words』のメロディに合わせて

「いちばーんファンが多いけど~♪ 東京ドームで口パク聞いてる~♪」

替え歌を披露したとのこと。先輩である「」はファンこそ多い人気グループだが、ファンたちはコンサートへわざわざ口パクを聞きに行っているというもの。

解釈によっては「ディス」とも聞こえる内容だが、これがファンの怒りを招いてしまうことに。

■「嵐ファン的に回すつもり?」とブチギレ

手越のディスに、ファンからは「どの口が言ってんの?」「ファン敵に回すつもり?」と批判が殺到。中には、手越の歌い方について批判するファンも見受けられた。

やはり、自分が応援するグループ後輩グループにディスられるのはイラッとするだろう。

■「後輩としての態度」にブチギレ

また、口パクかどうかよりも「先輩バカにしたこと」に対してが立っているというファンも。

■歌唱力ゆえのディス?

手越といえば、同グループ増田久と「テゴマス」を組むなど、ファンからも歌がうまいと評判だ。そのせいか、手越ファンは「増田はまだ手越のレベルに追いついていない」といった、批判が飛び交うほど。

ファンも認める歌唱の高さを手越本人が理解していないはずがない。もしかすると、手越は口パクをする先輩たちが許せないのかもしれない。

NEWSファンが対立してしまうという「まさかの展開」だが、はたしてファン同士の争いはどのような結末を迎えるのだろうか。

・合わせて読みたい→NEWS手越の未成年飲酒パーティ報道に『イッテQ』降板を心配する声が続出

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

NEWS手越、替え歌で「嵐の口パク」を批判 嵐ファンがブチギレの地獄絵図に