シンガポール航空は7月28日より、日本に新たに導入したボーイング787-10での運航を名古屋=シンガポール間でも開始する。座席構成は2クラス制の337席で、直接フルフラットベッドへリクライニングが可能なビジネスクラス36席(座席配列1-2-1)、エコノミークラス301席(座席配列3-3-3)となっており、日本語でも楽しめる機内エンターテインメントシステムを含む最新の地域路線用の機内プロダクトを搭載する。

787-10の名古屋就航を記念して、うなぎを使用した特別な記念メニューを名古屋=シンガポール線の全クラスにて提供する。ビジネスクラスでは、京都の老舗料亭「菊乃井」の村田吉弘氏が監修する機内食「花恋暦」と併せて、7月と8月はうなぎ、9 月は愛知県三河産の牛肉「みかわ牛」を使用したメニューとなる。エコノミークラスでは、7月から9月末までうなぎを使用した機内食を選ぶことができる。

さらにシンガポール航空は、ボーイング社とコラボレーションしたキャンペーンを実施する。シンガポール航空の航空券を日本で購入して旅行した人の中から、抽選で10人を、シンガポールにあるボーイング社のトレーニングセンターにて開催するボーイング787-10 のフライトシミュレーター体験会に招待する 。詳細は、シンガポール航空ホームページにて改めて案内する。

シンガポール航空は、ドリームライナーシリーズで最新かつ最大となる787-10のローンチカスタマーであり、シンガポール航空、グループの全ネットワークから最初の就航先を日本に決定した。787-10は、5月3日より関空=シンガポール間での運航が開始され、5月18日からは成田=シンガポール間でも運航が開始された。さらに、関係当局の認可を前提として、12月までに福岡へも787-10を導入する計画をしている。

シンガポール航空日本支社長のデイヴィッド・ラウは、「最新鋭機ボーイング787-10の35%は名古屋近郊で製造されているため、その名古屋への就航を開始できることを特に嬉しく思います。2018年は、シンガポール航空の日本就航50周年の節目の年です。50年の長きにわたり、シンガポール航空をご支援くださった日本の皆様への感謝の気持ちを込め、最新の地域路線用の機内プロダクトを搭載した機材を導入いたしました」とコメントしている。

※ 関係当局の認可を前提としている

画像提供:マイナビニュース