水曜日のカンパネラが初めて劇伴を手がけた映画「猫は抱くもの」のサウンドトラックが6月22日に配信リリースされる。

【大きな画像をもっと見る】

「猫は抱くもの」は犬童一心が監督、沢尻エリカが主演を務めるヒューマンストーリー。擬人化された猫のキイロをコムアイが、キイロの飼い主である画家の後藤保を峯田和伸(銀杏BOYZ)が演じる。

サントラには水曜日のカンパネラのライブPAも担当するzAkが音楽監督として参加。コムアイが作詞、ケンモチヒデフミが作曲した劇中歌「キイロのうた」と「マヨイガのうた」を含む全15曲が収録される。これらの楽曲についてコムアイは「登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました」とコメントした。

映画「猫は抱くもの」は6月23日に東京・新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかにて全国ロードショー。

コムアイ コメント

劇伴について

登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました。
全体の感覚的な“リズム”で音楽を考えていきました。
実際に作ってみて音でこれからどうなるかを気付かれないように調整するのが面白かったし、
それを複雑にやるのが映画音楽なのだなあって思いました。

劇伴のオファーについて

出演が先に決まっていて、劇伴はあとで監督が言ってくれたんです。
実は「映画の音楽を書きたいな」って一年くらい前からずっと思っていたので「この人、わかってるな!」って(笑)。
映画の音楽は物語がベースにあって、必要なピースがわかるから、すごく描きやすいと思いました。
合わない音を(わざと)合わせてみたときもすごく面白かったです。

「キイロのうた」について

制作は結構難しかったです。普段楽曲を作る時は、
どんなものが出来上がるのかが先にビジュアルで見えるんですけど、
そこまでなかなか到達しなかったですね。この曲のイメージは、
それぞれの個人的なドラマからだんだん引いてきて宇宙に繋がっていく感じです。

水曜日のカンパネラ「猫は抱くもの(オリジナルサウンドトラック)」収録曲

01. メインテーマ
02. ねこすて橋
03. 日常
04. 沙織の妄想
05. 本当にあった!
06. 僕が守らなきゃ
07. 僕は人間だよ
08. 沙織との出会い
09. あなたは猫です
10. 過去のトラウマ
11. お前たちは自由だ
12. キイロのうた
13. ごめんね
14. 沙織と良男
15. マヨイガのうた

映画「猫は抱くもの」よりコムアイ出演シーン。(c)2018「猫は抱くもの」製作委員会