大阪城公園で6月13日(水)、ベルギービールが楽しめる人気イベント「ベルギービールウィークエンド 2018 大阪」が始まった。初日の様子を関西ウォーカーレポーターのマリカさんがレポート。

【画像を見る】初日は平日にも関わらず多くの人が来場

大阪では8回目となる今回、初めて会場を移して規模を拡大して開催。フルーツビールやピルスナーなど88種類のビールが登場するほか、ビールに合うフリッツ(フライドポテト)などのベルギーの伝統料理やスイーツも用意します。主催者によると5日間で約2万人の来場を見込む。

システムは、受付でもらうグラスにビールカウンターでビールを注いでもらうコイン制。注文するビールは、会場で配布しているガイドブックに各ビールの甘味、酸味、苦味、キレなどのテイストチャートが記載されているので参考にしてほしい。チケット料金は、スターターセット(オリジナルグラス1個+飲食用コイン11枚)が3,100円。

マリカさんは「ベルギーのビールは初めて。フルーツビールが美味しかった。自分に合うビールを見つけることができたので皆さんも探してみて」と呼び掛けた。

※関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)では動画レポートも掲載しています。

■ベルギービールウィークエンド 2018 大阪

開催日:2018年6月13日(水)~17日(日) 

開催時間:13日(水)~15日(金) 16:00~22:00 16日(土)~17日(日) 11:00~22:00(17日は21:00まで)

会場:大阪城公園 太陽の広場

入場料:無料(飲食代要)

主催:ベルギービールウィークエンド実行委員会(関西ウォーカー・新城重登)

関西ウォーカーレポーターのマリカさんがレポート