夏の近づきを感じるこの頃、ファッションの露出も多く、イベントも多い夏に向けて、「キレイになりたい!」という思いも強くなっていきますよね。
でも、秋を迎える頃になんだか老けた……と感じる女性も多いのだとか。
「夏老け」は、夏の過ごし方が秋に出てしまうようなもの。東洋医学でも、その季節の過ごし方が次の季節に影響を与えるといわれています。
そこで今回は、「夏老け」を防止するために、知っておきたい「夏老けするNG習慣」をご紹介したいと思います。

「夏に老ける女性」がやりがちなNG習慣
(1)うっかり日焼けをする
曇りや雨の日は油断して日焼け止めを塗らない、首には塗らない、朝塗ってメイクを落とすまでそのままなど、心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

紫外線は肌の老化を招く原因のひとつ。「つい」や「うっかり」で日焼けをしているようでは、夏に老ける女性の仲間入りです。
今年こそ、うっかり日焼けをしないように、細心の注意を払いましょう。
[nextpage title="えっだめなの!?良かれと思ってやってるそれ、老ける原因かも!"]
(2)日焼け止めは最大限強いものをデイリー使い
反対に、「絶対に日焼けしたくないから、常にSPF50を愛用している」という人も多いと思いますが、逆効果かもしれません。

日焼けは防げても肌への負担が大きいので、肌荒れやごわつきを感じることが増え、美肌からは遠のく可能性があります。
また、毛穴の中までキレイに落とせていないと毛穴開きや黒ずみの原因にもなってしまいます。
日常生活レベルなら、SPFは30でも十分だといわれています。肌老化が気になる人は、日焼け止めのSPFよりPAに注目してみてください。
(3)保湿がおろそか
夏は肌が潤っていると勘違いしがち。でも、肌の中は砂漠状態のこともあります。

肌のコンディションによっては化粧水だけで十分なこともありますが、夏はクーラーや紫外線で肌内部は乾燥しやすい環境です。
汗で潤っていたり、乾燥しすぎて皮脂分泌が活発になっているのを油分が多いと勘違いしないように、肌の調子をよく見極めましょう。
(4)冷やしすぎな女性
クーラー、冷たい飲み物、薄着など、最近では冬より夏のほうが冷えやすい環境が整っています。

血行が悪くなると代謝が落ち、肌がくすみ、冷えを感じ、むくみやすくなり、胃腸の働きが低下して疲れも抜けません。
夏冷えは女を老けさせる原因のひとつ。内側からも外側からも、冷やさない工夫をして、夏老けを防ぎましょう。
(5)夜更かし
日照時間が長い夏は、夜遅くまで起きていたり、夏休みがあったり、イベントも多いので夜更かしが多くなりがちです。

夜更かしが続くと自律神経が乱れ、肌のターンオーバーの乱れ、太りやすくなる、疲れが抜けない、だるさなどの症状も出てきます。外気の暑さや室内のクーラーで体力を消耗する夏は、疲れた女になる可能性が大です。
付き合いも大切だけど、無理して朝までだらだら付き合うより、頃合いを見てサクッと帰る女性のほうがカッコイイのではないでしょうか。
自分のペースを大切に、夜更かしはほどほどにしておきましょう。
いかがでしたか? 秋にどっと老け込まないように、夏老けを回避する参考にしてくださいね。
ライタープロフィール
紅華堂主宰・エステ講師・坂本 雅代
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は16年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。
【保有資格】
国際中医薬膳師/中医薬膳師/JREC認定リフレクソロジスト/骨気小顔管理士/ファセテラピー
[pickup]
【あわせて読みたい】▽30代、今こそ「老けない女」を目指そう!・老け見え防止に!口角を上げるフェイストレーニングとメイクテク・老け防止に◎!美人になれる「第3のミルク」とは?・“肌老け”が気になる人へ。ヘルシーなアンチエイジングサンド #ヘルシー残業ご飯・「ゴースト血管」にご注意!30代から始めたい老けないための習慣4つ
【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
・猫背でポッコリお腹に!?今すぐやめたい「NG姿勢」5つ
・ぽっこりお腹を解消!寝たまま「お腹痩せヨガポーズ」
・たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」


坂本 雅代
坂本 雅代
国際中医薬膳師・エステティシャン 内側からの健康として東洋医学との融合を目指した施術のほか、エステ講師としても活動中。