マリナーズの右翼手ハニガーが強肩を発動→遊撃セグラの反転タッチの流れに称賛の声

 マリナーズのユニホームを着た選手がライトから鬼肩を披露――。日本人にとってはなんとも感慨深くなりそうなシーンが、米大リーグで注目を集めている。マリナーズのミッチ・ハニガー外野手が12日(日本時間13日)のエンゼルス戦で見せたレーザービームをMLB公式インスタグラムが公開。送球を受けた遊撃手のジーン・セグラの“反転タッチ”と共にファンの反響を呼んでいる。

 セーフコ・フィールドで右翼から強肩を発動した。6回のエンゼルスの攻撃。先頭のバルブエナが放った打球は右翼線へ。長打コースだ。当然のようにバルブエナは一塁ベースを蹴った。

 待ち構えていたのは右翼のハニガー。クッションボールを素早く処理すると、投げるまでも速かった。二塁ベースまでノーバウンド送球。楽々とバルブエナをアウトにしてみせたのだ。

 見事な強肩ぶりに加え、遊撃手のセグラが走者に背を向ける形で捕球し、そのまま180度反転してタッチしたのもまた魅せるプレーだった。

 MLB公式インスタグラムが動画を公開すると、ファンからは称賛のコメントが相次いでいる。「これはナイス」「この送球とタッチのコンボはありえない」「ビハインド・ザ・バック・タッチとはいけてるね」「全体的な流れが素晴らしい」とハニガーだけでなく、かっこよくタッチを決めたセグラとのコンビプレーが光った格好だ。

 マリナーズの右翼といえば、イチローが君臨していた頃は「エリア51」と呼ばれた“聖域”。27歳の躍動するようなプレーに、胸を熱くしたマリナーズファンもいたかもしれない。(THE ANSWER編集部)

マリナーズのミッチ・ハニガー【写真:Getty Images】