新幹線車内で起きた3人死傷事件で、現場に駆けつけた車掌は当初、座席の座面を取り外して盾として使った。今後、同様の事件が起きた際、乗客の対応策にもなりそうだ。事件でクローズアップされたものの、JR東海の金子社長は「本来の使い方とは違う。積極的に情報提供するかは今後の検討課題」と述べるにとどめた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら