ソフトバンクに敗れた巨人との差は0.5ゲーム差に

■楽天 3-6 中日(13日・楽天生命パーク)

 中日が逆転勝ちで、巨人との差を0.5ゲーム差とした。13日、敵地・楽天生命パークで行われた楽天戦。3回に先制を許すも、4回に平田、高橋の連続タイムリーで逆転。同点とされた6回にアルモンテが勝ち越し10号ソロを放つとジワジワとリードを広げた。先発の小笠原は7回途中5安打2失点で、約2か月ぶりの2勝目をあげた。

 1点ビハインドの4回1死からビシエドが中前安打で出塁すると、平田、高橋が連続適時打を放って逆転。振り出しに戻った6回にアルモンテのソロで勝ち越すと、大野奨の適時打で2点差に。7回には相手バッテリーのミスで1点を加えると、8回にも加点した。

 先発の小笠原は2本のソロを浴びたものの、7回途中5安打2失点。リリーフ陣がリードを守り抜いて、左腕は4月6日の阪神戦以来、約2か月ぶりの白星を掴み2勝目となった。

 楽天は、新助っ人のオコエ・ディクソンが来日初本塁打を放ち、アマダーも6号ソロを放ったが、空砲に。先発のルーキー近藤が6回途中6安打4失点で、プロ初勝利はお預けに。池田、森とリリーフも失点を重ね、リードを広げられた。(Full-Count編集部)

今月2勝目を挙げた中日・小笠原【写真:荒川祐史】