奈良市春日野町の春日大社参道付近で13日午後、首に矢のようなものが刺さっているシカ1頭が保護された。一帯のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良県警奈良署は、文化財保護法違反などの容疑で捜査している。矢は鉛筆の芯に紙を巻いたもので長さ約15センチ。深さ1~2センチまで刺さっていた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

首のあたりに矢が刺さったシカ=奈良の鹿愛護会提供