日本ハムが打ち勝ち、連敗を4で止めた。2点を追う四回、大田、近藤、中田の3連続適時打とレアードの3ランで6点。上沢は6回3失点と粘って6勝目。阪神は2番手の尾仲が乱調。終盤に追い上げたが、あと一歩及ばなかった。