朝鮮中央通信は、米朝首脳が朝鮮半島の非核化などの過程について「段階別、同時行動の原則」の順守が重要との認識で一致したと報道。一方、トランプ氏は米FOXニュースのインタビューでは、非核化への取り組みについて「直ちに始まるだろう」との期待感を示している。今後の交渉でこうしたずれが障害となる恐れがある。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

文書に署名した後、握手するトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長=AP