旧優生保護法に基づく不妊手術強制で、宮城県の60代女性が起こした国家賠償請求訴訟の第2回口頭弁論が13日、仙台地裁であった。中島基至裁判長は、原告が「旧法は憲法違反」と訴えている点について、国側が言及しなかったことから「憲法適合性について認否を回避すべきでない」と早急に態度を明示するよう求めた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら