13日、スペイン代表のキャプテンを務めるDFセルヒオ・ラモスが自身の公式Twitterを更新し、2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けて決意を語った。

 スペインサッカー連盟(RFEF)は13日に行われた会見でフレン・ロペテギ監督の解任を発表。後任にはスポーツディレクターを務めていたフェルナンド・イエロ氏が就任した。スペイン代表は15日にロシアW杯初戦のポルトガル代表戦を控えており、開幕直前というタイミングでチームに激震が走る事態となってしまった。

 このような状況の中、S・ラモスは自身の公式Twitterを更新。自身の思いを語った。

「僕たちはスペイン代表だ。エンブレム、チームカラー、サポーター、国を代表している。僕たちの責任と決意は君たちとともに、そして君たちのためにある。昨日も、今日も、そして明日も一緒に戦おう」

自身のTwitterを更新したS・ラモス [写真]=Getty Images