いよいよ今夜開幕する、4年に1度の世界最大のスポーツイベント『2018FIFAワールドカップ』ロシア大会。監督交代や親善試合連敗と不安視された日本代表も、12日の強化試合最終戦でパラグアイに勝利し、本大会に期待を繋いだ。そんなサムライブルーの雄姿を全力で届けるべく、テレビ局も万全のシフトで本番を迎える。オンエアの前に、各局渾身の中継シフトをチェックしよう。

【写真】『2018 FIFAワールドカップ』各局中継キャスター&テーマソングフォトギャラリー

 今回のロシア大会は、日本との時差は4~7時間。ほとんどの試合が日本時間21時以降開催とあり、各局それぞれワールドカップシフトに力を注いでいる。

 NHKは、今夜の開幕戦、ロシアvsサウジアラビア戦を皮切りに7月15日の決勝戦まで32試合を総合テレビで生中継。BS1では録画も含めて全64試合を放送と圧倒的なボリュームを誇る。特に、日本の初戦となるコロンビア戦(19日19時30分)の中継は大きな注目を集めそうだ。また、毎回大会を熱く盛り上げるテーマソングには、音楽ファンから絶大な支持を受けるSuchmosの『VOLT‐AGE(ボルテージ)』が採用された。

 日本のグループリーグ戦、第2戦のセネガル戦(24日22時)を生中継するのは日本テレビ。日本が属するグループHで、FIFAランクが一番日本に近い相手(日本61位、セネガル27位)とあり、グループリーグ突破に向けて負けられない一戦、日曜夜の放送とあり高視聴率が予想される。日本テレビではこの試合を含め8試合を生中継。メインキャスターには前回に引き続きNEWSの手越祐也が、スペシャルキャスターには明石家さんまとサッカー好きが顔をそろえた。テーマソングには、NEWSの『BLUE』が選ばれている。

 グループリーグの日本戦、第3戦目はフジテレビの中継。ポーランド戦を28日21時より放送するほか、全8試合を届ける。テーマソングはRADWIMPSがワールドカップのために書き下ろした『カタルシスト』に決定。これまで同局のサッカーテーマソングはオペラの『アイーダ』が起用されており、特定のアーティストが担当することは初めてとなる。RADWIMPSの野田洋次郎は「学生時代ずっと音楽と部活をがむしゃらにやっていたものとして、スポーツの感動に日々刺激を受けるものとして、絶対この曲を形にしたいと思い、是非やらせてくださいとお受けしました」とオファーを受けた際の心境を語る。続けて「あらゆる境界線をとり払い、人々を一つにつないでくれるサッカーという競技と、この曲が一緒に皆さんのもとに届いたら幸せに思います」とコメントを寄せている。

 また同局ではワールドカップサポーターズとして、小柳ルミ子、息子がJ1清水エスパルスの選手の六平直政、サッカー好きのJOYなどを任命。特に一躍芸能界屈指のサッカーご意見番と化した小柳の愛ある叱咤、涙のエールに注目したい。

 準々決勝2試合を含む全8試合の中継を担当するTBSでは、メインキャスターを5大会連続で加藤浩次が務める。また、かつて東京ヴェルディユースに所属するなど、サッカーに本格的に取り組んでいた竹内涼真がスペシャルサポーターに就任。大会期間中にはロシアに渡り、日本代表の取材を行うことも決まっている。竹内は「このお話をいただいた時、泣きそうになるほどうれしかったです。サッカーをやってきただけに、サッカー関連の仕事が一番、緊張するんです。いっぱい勉強して、ワールドカップの魅力をお伝えできるように頑張ります!」と意気込みを明かしている。テーマソングはEXILEの『Awakening』が起用され、作詞は中学・高校とサッカー部に所属していたATSUSHIが担当した。

 テレビ朝日では、3位決定戦や準決勝1試合など全8試合を生中継。サッカー中継プレゼンターは関ジャニ∞の村上信五。ほかに、同局のサッカー番組『やべっちF.C.』で抜群の実績を誇るナインティナインの矢部浩之や川平慈英がキャスターを務める。解説陣にはセルジオ越後、松木安太郎、中山雅史、中田浩二が顔をそろえており、その解説内容も話題の的となりそうだ。

 それぞれの局が個性あふれる人選で臨む『2018FIFAワールドカップ』。日本戦だけではなく、全64試合の熱い戦いに染まる1ヵ月がいよいよ始まる。
竹内涼真、TBS『FIFAワールドカップ』中継スペシャルサポーターに(C)TBS