パラグアイ戦2得点の乾が前半11分に見せた華麗なボールコントロールに言及

 日本代表は12日の国際親善試合でパラグアイを4-2で下し、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後のテストマッチを勝利で飾った。西野体制で初スタメンとなったMF乾貴士(ベティス)は2ゴールを挙げる活躍で攻撃を牽引したが、なでしこジャパン(日本女子代表)のMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)は、「乾様のトラップが好き」とそのテクニックに称賛を送っている。

 乾は1点ビハインドで迎えた後半6分、MF香川真司(ドルトムント)からのパスを受けて、ドリブル突破から右足を一閃。ペナルティーアーク後方から放った約20メートルの一撃は、豪快にパラグアイゴールに突き刺さった。そして、同18分には右サイドのFW武藤嘉紀(マインツ)から香川へと渡り、右足で巧みにフリックすると、スペースに走り込んだ乾が再び右足で合わせて、勝ち越しに成功した。

 2ゴールの乾、1得点2アシストの10番・香川が攻撃を牽引し、4-2と西野ジャパン初勝利に導いたなか、長谷川は13日に自身の公式ツイッターを更新。パラグアイ戦の感想について綴っている。

「前半10分くらいの1タッチで前向いた乾様のトラップが好き そーゆーとこばっかみてるよ」(原文ママ)


同じ14番を背負う“つながり”もあり「好きな選手」

 長谷川が言及したのは、前半11分にDF昌子源(鹿島アントラーズ)が入れた縦パスを乾が右足でトラップすると、そのまま反転してセンターサークル左からドリブルを仕掛けて前線を走る香川にスルーパスを狙ったシーン。パスがやや大きくなって決定機とはならなかったが、巧みなボールコントロールでゴールの匂いを感じさせたプレーに感動を覚えたようだ。

 長谷川はベレーザとなでしこジャパンで14番をつけており、奇しくも今回W杯で乾が背負う番号と同じ。ハッシュタグには「#好きな選手」「#同じ14番」と綴っており、長谷川の中でも“お気に入り”の一人のようだ。

 なでしこジャパンは10日に敵地でニュージーランド女子代表と国際親善試合を行い、3-1で勝利。翌11日に帰国したばかりでまだ時差ぼけが残るなかでのテレビ観戦となったが、乾のプレーは長谷川の脳裏にしっかりと焼き付いたようだ。


(Football ZONE web編集部)

なでしこジャパンの長谷川(左)が乾のテクニックを称賛している【写真:Getty Images】