旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、北海道と熊本県に住む80~70代の男女4人が、国に損害賠償を求め、28日に札幌地裁と熊本地裁に一斉提訴する方針を固めた。このうち北海道の75歳女性は、人工妊娠中絶も同時強制されたとし、81歳の夫と「子どもを持つ権利を奪われた」と訴える。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら