空知英秋の人気コミックを小栗旬を筆頭にした豪華キャストで実写映画化し、まさかの2017年実写邦画No. 1となる興行収入38.4億円の超絶大ヒットを記録した『銀魂』の続編が、8月17日(金)から公開。このたび、ついに本作のタイトルが決定。それにあわせて、これまで秘密にされてきた本作のストーリーの全貌も明らかになった。

【写真を見る】万事屋の面々を演じるのはもちろんこの3人!本作でも活躍に期待

昨年夏の制作発表からずっと『銀魂2(仮)』として伝えられてきた本作。その正式なタイトルとしてこのたび発表されたタイトルは『銀魂2 掟は破るためにこそある』。これは「銀魂」史上最もアツいエピソードとして知られる「真選組動乱篇」でのサブタイトルとして使用されたものからの引用だ。

そう、先日堂本剛演じる高杉晋助の参戦が発表されたと同時にファンの間で大きな噂となっていた通り、この続編でメインとして描かれるエピソードは原作コミックの19巻から20巻にかけて描き出される「真選組動乱篇」。それに加えて隠れ人気キャラの“将ちゃん”が登場する、最も笑えると評判の「将軍接待篇」が融合する“ハイブリッド作品”になるとのことが明らかになった。

昨年秋に自身のTwitterで「真選組動乱篇は、激しく面白いな」と顔文字付きでつぶやいていた福田雄一監督は「1作目のお客さんの感想を読んだときに、面白くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』に求められているものなんだと気付きました」と、この2つのエピソードを選んだ理由を明かす。

物語は前作同様、かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開する。金欠で家賃も払えない万事屋の3人は、ついにバイトを決意するが行く先々のバイト先で天下の将軍様と遭遇。同じ頃、真選組は内紛劇により結成以来の危機にさらされ、それがやがて将軍様をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発してしまうことに。

今回も超破格のスケールで繰り広げられる怒涛のアクションと、一線を越える掟破りのパロディに注目が集まる本作。合わせて解禁されたヴィジュアルには新キャラクター5名のシルエットビジュアルが描き出されており、彼らを演じるキャスト情報については6月末に解禁される予定とのこと。さらなる続報に要注目だ。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

この5人を演じるのは一体…?『銀魂2』は「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」に決定!