最近街でもよく見かけるようになったロールトップリュック。くるくる巻いて開口部を閉じる仕様は、元々アウトドアなどで雨を防ぐために用いられたものです。大きく開く開口部はかさばる荷物の出し入れも容易、持ち物の量に合わせて自由に収納量を調整できるなど、実用性の高さで人気急上昇中です。とはいえどんな物にも欠点はあるもので、入れるアイテムやパッキングによっては、底部分に入れたモノが取り出しにくいという難点も…。

そのお悩みを解決するのが、今回紹介する ALPAKA「Shift Pack(シフトパック)」(2万5800円~ 6月13日現在)。クラウドファンディングサイト・Kibidangoにて7月30日まで支援受付中です。

旅に仕事にアクティビティに!ドローンも入るロールトップリュックが便利