ジャニーズWESTの重岡大毅、神山智洋がW主演する8月1日全世界同時配信のNetflix『宇宙を駆けるよだか』の予告編、ポスタービジュアルが公開された。サスペンスのハラハラと、恋愛のドキドキ要素が詰まった予告編では、同グループが担当する主題歌の新曲「アカツキ」も解禁。関西弁でクラス一の人気者・火賀俊平役の重岡、秀才でスポーツ万能なイケメン・水本公史郎役の神山と正反対な男子高生を演じる2人、そして清原果耶、富田望生らメインキャストの熱演を期待させる仕上がりとなっている。

【動画】ジャニーズWEST新曲も公開 『宇宙を駆けるよだか』予告編

 同ドラマは、2014年~2015年に『別冊マーガレット』(集英社)にて連載された川端志季氏による漫画を実写化。火賀と公史郎、2人の幼なじみで容姿も抜群にかわいいヒロイン・小日向あゆみ(清原)は仲良し3人組だった。しかしあゆみに嫉妬する醜い容姿をした海根然子(富田望生)があゆみの身体と入れ替わってしまう。然子の外見をしたあゆみは、自分に思いを寄せ、入れ替わりにいち早く気づいた火賀に支えられながらも元に戻る方法を探るが…。

 愛されるべきは、外見か、中身か…。入れ替わりという信じられない事態のなかで誰にも相談できずに思い悩むあゆみに火賀は「どんな姿してても分かるよ」と頭ポンポン。ところが、あゆみが思い続けようやく恋人になったはずの公史郎は、「俺が好きなのはあゆみちゃんの顔だ」と冷たく言い放つ。あゆみをめぐって恋敵となった公史郎と火賀は互いにぶつかり合い、屋上から突き落とそうとする場面も。「心配するな! 俺が絶対お前の体取り返したる!」と、然子の姿をしたあゆみを力強く抱き締める火賀の姿で予告編は締めくくられている。

 物語の鍵となる“赤月”にかけたタイトルに重岡は「まずは曲名が『アカツキ』と聞いてびっくり! 歌詞にも“レプリカ”みたいなドラマにリンクするワードが入っていますし、作品に合っていますね」と納得。「“外見か、中身か”というテーマに迫っていくストーリーで、サスペンス要素あり、どんでん返しもあり、ハラハラ見られるし、見た後に自分なりの思いが沸き上がってくると思います。ぜひ主題歌と一緒に楽しんでいただきたいです!」と自信を込める。
 
 神山は「作詞家の方が、原作を読んで書き下ろしてくださったので、ストーリーやキャラクターにリンクしていますね。火賀、公史郎、あゆみ、然子の4人に共通しているのは、みんな誰かが好きだということですが、「アカツキ」は、そんな4人のどのキャラクター視点でも聴ける曲だと思います! ファンの方はもちろん、僕たちの演技を初めてごらんになる方にも、この世界に入り込んでいく僕らの姿を見て楽しんでいただきたいです」と幅広い層に向け、呼びかけた。

 またシンメトリーで登場人物たちのシリアスな表情が印象的なポスタービジュアルでは、物語のキーとなる赤月が大きく配置され、その下には火賀と公史郎、あゆみと然子がそれぞれの手を合わせるように構成。体が入れ替わってしまう物語のなかで火賀と公史郎、あゆみと然子が対照的な存在であることなどが暗に表現されている。

8月1日より配信されるNetflixオリジナルシリーズ『宇宙を駆けるよだか』(C)川端志季/集英社 (C)「宇宙を駆けるよだか」製作委員会