小栗旬主演の映画『銀魂2』(8月17日公開)のタイトル、及びエピソードが14日、明らかになった。これまで『銀魂2(仮)』となっていたが、タイトルは『銀魂2 掟は破るためにこそある』に決定した。

同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗旬)の間に起こるさまざまな事件を描く。2017年に公開された映画『銀魂』は、最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画ではNo.1の成績を記録した。

今回実写化されるエピソードは、『銀魂』史上最もアツいと言われる『真選組動乱篇』、そして隠れ人気キャラの“将ちゃん”が登場する、最も笑えるという『将軍接待篇』を融合した、ハイブリッド作品となった。正式タイトルは原作の「真選組動乱篇」の中のサブタイトルを使用したが、原作で“掟”と書いて“ルール”と読ませるところ、実写では”おきて”という読み方に。これまでの常識を覆す作品作りで成功した実写『銀魂』が、続編でも“掟を破る”映画製作を目指しているため、読み方を変更したという。

福田監督も「1作目のお客さんの感想を読んだときに、面白くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』に求められていることなんだと気づき、それで、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」とコメント。物語は金欠で家賃も払えない万事屋3人がついにバイトを決意するが、行く先々のバイト先でなんと天下の将軍様と遭遇するところから始まり、真選組の内紛劇が並行して描かれる。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発……という展開に。新キャラクター5名のシルエットビジュアルも公開され、キャスト情報は6月末の解禁を予定している。

(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

画像提供:マイナビニュース