俳優の伊藤淳史(34歳)と、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(27歳)が6月13日、都内で開催されたサントリー「クラフトボス ブラウン」商品体験会に登壇。息のあった掛け合いを披露し、会場を沸かせた。

「クラフトボス」のCMに俳優の堺雅人(44歳)らとともに出演しているゆりやんだが、「もともと大好きなボスさんで。しかもずうっとCMも見てきたので、そうした中で自分も『クラフトボス』さんで出させていただいて非常に驚きました」と語り、「マネージャーさんから『今度ボスのCMが決まりました!』って言われたんですけど、(そのときは)“ブス”のCMだと思っていました」と冗談交じりにオファーを回顧。今後放映される新CMの撮影では堺らと念願の対面を果たせたことを明かし(※現在放映中のCMは別撮り)、「みなさん、こんなわけのわからん人間を受け入れてくれて……ずうっと和やかで楽しい撮影時間でした!」と喜びをあらわにした。

その後、伊藤が登場すると、ふたりの間で“ブラウン”と“微糖”のせめぎ合いが勃発。伊藤は「(クラフトボスの)“ブラウン”って結局は“微糖”のことですよね?」「“微糖”を今っぽくかっこよく表現しているみたいな」と、自身がかつて出演していたCM(※「BOSS 贅沢微糖」のCM。伊藤は2007年〜2010年まで出演)に絡めて“ブラウン”にやっかみ半分の皮肉。ゆりやんから「今回は“微糖”ではないんです。“ブラウン”なんです!」と激しくツッコまれても、いまいち納得がいかない表情を見せた。

すると伊藤は「僕は役者界で“ブラウン”と呼ばれているんですよ」と話題を巧みにすり替え、「例えばですね、お芝居される中でイケてる感じというか、シュッとしたかっこいい役者さんみたいな。まぁコーヒーで言うとキリッとした“ブラック”みたいな。そういう力は僕にないんですけど。かといって歌って踊れてすごい爽やかなスマイルを出せるような素敵な役者さん。コーヒーで言うところの“ラテ”のような甘みを持ったというのも僕はできないんですけど、でもほんのちょっとだけそのどっちも表現できるかな、みたいな」と解説し、「僕はまさに役者で言うところの“ブラウン”。今回の商品で言うところのクラフトボス ブラウンみたいな」といつの間にか“微糖”から“ブラウン”に転身。

さらに「ホントにこの『クラフトボス ブラウン』が発売されると同時に、世の中は“ブラウン”の時代に突入していくのではないか」とし、「そうなるとですね、芸能界、役者界においてもブラウンの時代がやってきて、僕もうまいこと波に乗っていけるんじゃないか」とも。「クラフトボス ブラウンを飲んだら伊藤淳史。伊藤淳史を見たらクラフトボス ブラウン」と“主役”のゆりやんを尻目に猛アピールする伊藤であった。

ちなみに、伊藤は同CMに出演していないが、6月19日公開のウェブコンテンツには出演しているという。

「クラフトボス ブラウン」は6月19日から全国発売。ブラックコーヒーにミルクポーションとガムシロップを1個ずつ加えた甘さを想定し、コーヒーの豊かな香りとともに、すっきりと飲める“かろやかな甘さ”を実現。すでに発売中の「ブラック」や「ラテ」とはまた違った味わいを楽しめるシリーズ新商品だ。