こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

お付き合いする前の2~3回目のデートは、ドキドキワクワクですね。ただの「ご飯行こう」「飲みに行こう」でも嬉しいですが、お出かけデートだと「もしかして気がある?」と期待しちゃうかもしれませんね。

GW以降の温かい季節で「彼氏ができました!」という彼氏ができた報告はある程度、デートに共通点があるのです。

告白する男性の場合、1回目はお食事デート!?

何かで知り合って連絡先を交換して初回のデートは2時間程度の軽い食事のことが多いみたい。

本気の男性ほど、初めて会った時に2回目の約束を提案しがち。

1回目のデートからお出かけデートや、長時間一緒にいるプランを提案する男性もいるのですがそういう場合はなかなか2回目につながりません。期待値は高まるのに、2回目フェードアウトという場合も。

「もっと知りたいな」程度に期待が高まるから2回目はより、相手が考えてデートプランを提案してくれるのかもしれませんね。

花火大会・お花見などのイベントデート

「花火大会の帰りに告白されました」

「アジサイを見に行った帰りに告白されました」

というのも多いです。

花火大会で浴衣を着ていったら彼もドキッとするかもしれませんね。

花火大会に行こうといってOKなら、相手の男性も「これはいける!」と確信を持つでしょう。

いつでも行ける水族館などの帰りに告白の場合もありますが、季節のイベントごとはその時だけで特別感があります。そんな特別が共有できたらステキな思い出になりますね。

海の誘いは告白の兆し?

「海に行った帰りに告白されました」

毎年、そんなご報告が多い。海水浴という訳じゃなくても、ドライブだったり海が見えるお店だったり。夕日を眺めながらなんて最高!

お互いがリラックスしながら、ロマンチックな雰囲気になりやすいですよね。

もし、彼から海辺を提案されたらそれは脈ありサインかも。

景色がキレイなスポット

海が近くにないというエリアの方もいらっしゃいますよね。

眺めがいい高層階のレストラン、展望台などで告白、プロポーズされたという方も多いです。

男性も「断られないかな」と探っています。

「ここに誘ってOKだったら脈アリかな」と思うデートプランを提案してくるでしょう。その脈アリサインを見逃さないようにしてくださいね。(菊乃/ライター)

(愛カツ編集部)

iStock-684256996 (1)