13日、『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。

 この日は「NOT IDOL」がコンセプトのBILLIE IDLERが登場。岡野は「アイドルを続けるモチベーションっていうのはなんなんでしょうか?」と質問を投げかける。


 「『好き』って言ってくれてるファンがいるから!!」と、アイドルとして100点満点な回答をするアキラをよそに、モモセモモは「ケンちゃん」と回答。ケンちゃんという某韓国人アイドルの追っかけ費用を稼ぐことがモチベーションになっていると告白すると、ヒラノノゾミも「いろんな(韓国アイドル)グループに、お金を落とすために私も頑張ってます」と同調した。

 「承認欲求」と回答したプー・ルイからは「アイドルの自撮りは、ファンの人を癒すためではなくて、自分が可愛いと言って欲しいから(ネットに)あげてる」という自論が飛び出すと、アイドルの先輩である矢口も「そりゃそうだ」と同意する。


 最後に、ファーストサマーウイカが「精神論」と回答、「ロック、パンク、アイドル」と意味不明な理由を語ると、岡野が「ふざけんなって言っただろ」とツッコミ。ウイカは「いくつになってもロックはロック、パンクはパンク、アイドルはアイドル」と改めて説明したものの、矢口は「説得力があるのかないのか……」と困惑しきりだった。

 しかしウイカも自身の説に納得できていない様子で、矢口が「ちょっと迷ってる可能性あります?」と切り込むと、観念したのか「モチベーション? ないない! 惰性でやってんのよ!」とぶっちゃけていた。


(C)AbemaTV