Wovn Technologies株式会社 (東京都港区、代表取締役:林鷹治)では、国籍に関係なく働きやすい環境を提供できるように社内制度「WOVN.global(ウォーブン・グローバル)パッケージ」を導入いたします。

■背景
当社は日本人である代表取締役と、アメリカ人であるCTOの2名で創業した会社です。

開発サービスも日本だけではなく世界で利用されるスタンダードツールを目指しており、世界中から優秀なメンバーを募った結果、現在多くの外国人社員が活躍しています。国籍は14を超え、外国人社員比率は全体の約5割となっています。そこで当社は、外国人も日本人もより働きやすい会社を目指すべく、「WOVN.global(ウォーブン・グローバル)パッケージ」を導入いたしました。

この制度は、初めて日本で働く外国人社員をはじめ、在日期間が長い外国人、そして日本人社員など、誰もが働きやすい職場環境を提供し、国籍や性別に関係なくお互いを想いやり楽しく働ける会社を目指すものです。当社ではこのような取り組みを通じ、社員が仕事もプライベートも充実させながら、長期で働ける会社づくりを図ってまいります。

■誰もが垣根を感じることなく働ける新制度「WOVN.global パッケージ」について
「WOVN.global パッケージ」は2018年6月より導入し、今後も必要に応じて拡充していく予定です。

ーネーミングについて
国境を越えて地球規模で採用活動を行う私たちは、「WOVN.global パッケージ」を通して、国籍に関係なく誰もが働きやすい環境を目指すという意図で名付けました。

1、祝日分の有給上乗せ
「体育の日」や「文化の日」など外国人にとって馴染みのない日本の祝日に休むことを廃止し、祝日と同じ日数分の有給休暇を付与します。これによりクリスマスや旧正月といった自国の行事に合わせて長期休暇を取得することも可能です。

2、帰化支援
日本に帰化したいメンバーに対し、手続き・資金面で会社が全面サポートします。また平日手続き等で役所に行く日は通常勤務扱いとなります。

3、オフィスフルーツ
日本では果物の値段が高いとされていますが、果物を普段から多く摂る風習がある国もあることから、週に2回、オフィスにフレッシュな果物を用意し、社員は自由に食べることができます。

4、言語学習
社内共用語である、英語または日本語の学習支援を会社が行います。具体的には、語学学校やオンライン学習、社内での講習など内容はアップデートされていきます。

5、社内文書の日英用意
雇用契約書などの社内書類や、全社ミーティングで使う資料などは全て英語と日本語での用意があり、言語によるストレスがありません。

6、住居・役所申請・健康診断などでの日本語サポート
日本語が得意ではない外国人メンバーに対し、住居手続きや住民税・社会保険料などの手続き、健康診断など、会社以外の場所で言語に不便さを感じるシーンでは、必要に応じて会社がサポートします。

7、印鑑プレゼント
外国ではあまり馴染みのない「印鑑」も、日本の不動産契約・銀行口座開設などのシーンでは必要になることから、新しい外国人社員には会社から印鑑をプレゼントします。


<帰化支援制度の第一利用者>
呉 祥至(ゴ ショージ)

台湾出身、2003年初来日。2014年Wovn Technologiesへ3人目の社員として参画。

帰化の条件など周囲から話は聞くものの、どれか信頼できる情報か分からなかった。自分でゼロから調査すると時間がかかり、エージェントに依頼すると費用がかかる。会社のサポートのおかげで、「日本人になる」という長年の夢を叶えることができます。



企業情報
Wovn Technologies 株式会社
代表者 : 代表取締役 林鷹治
所在地:東京都港区三田4-1-27 FBR三田ビル8階
TEL : 03-4405-9509
設立 : 2014年3月
資本金 : 5億8,581万円(資本準備金含む)
事業内容 : WEBサイトの多言語化管理システム
     「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」の運営
URL : https://wovn.io/ja/about/

配信元企業:Wovn Technologies 株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ